水道水をおいしく飲めるようにするために

水道水はおいしいというイメージを持つ人は、ペットボトルで販売されている水を思い浮かべるかもしれません。地域によって様々な水道水が販売されていて、実際に飲んで試してみたことのある人もいるかもしれません。水道水の水は完全に濾過された状態なら確かにおいしいです。浄水場で濾過された状態の水は販売しても問題ないくらいおいしいのですが、実際に家庭に流れている水道水はおいしくないのです。

どうしてこの差ができるのかというと消毒のために塩素が注入されるからです。この塩素がおいしい水道水をおいしくない水道水に変えている原因なのです。浄水場できれいになった水も家庭に届くまでの間に等の繁殖があるかもしれません。そのために雑菌が繁殖しないように塩素で消毒するのです。余計なことのように思えますが、こうしないと安全に水道水を使うことができません。

家庭の水道水をおいしくするためには家庭に浄水器を置くしかありません。浄水器を置いて浄水できればおいしい水道水にすることができます。ペットボトルで販売されているおいしい水道水に近づけることができます。特有の臭いを消し去って後味の悪さも無くなり、水道水を安全に使える環境を目指してみましょう。

Leave a Reply